アクセスNo.

プロフィール

MASA

Author:MASA
93年徳之島でデビュー、既にキャリアは23年。
02年からIRONMANに毎年参戦、Ironman World Championshipに7度出場。
IRONMANであり続けることが誇りであり、生涯の目標です。
2016年シーズンは6月のケアンズでハワイにチャレンジします。

最新記事

MASAのトライアスロン日記
10月の満月の土曜日を目指して!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰
8時にAVELへ。

まだまだリハビリだから、今日はゆるーく流そうと思っていた。
が、どうやら話を聞いてると、再来週の伊吹山ヒルクライムに参戦予定の人が多く集まるらしい。

しかも、今日は阿部店長も参戦。
今日は峠にいくよ、と言われる。
そして、アチコチから強者が続々と集まってくる。集団は30人以上か?
さて、心拍抑えていこう、と思うけど、山や峠で心拍抑えたら登れないよなぁ、なんて思いながら漕ぐ。

25キロ地点、小高い丘の上にある第一休憩所のセブンイレブンに到着。
ここまではたいした登りはなかった。まだまだ競り合いもない。
DSC_0787_20120401173454.jpg

小休止のあと、どんどん下る・・・あれれ?
ぐんぐん集団が伸びて、伸びて、そして下りきったところでストップ。

「ここからは、各自のペースで!」

これが合図だった。

Uターンして今、びゅんびゅん飛ばしてきた下り坂を登り始めた。
僕は、遅れて集団のやや後方。

塩貝さん(AVELの店員さん)が
「前にいないと道に迷いますよ」
と抜き去りながら囁く。

ヤバい。
緊急事態だ。
ここで遅れたら、家に帰れない!

50mほど前にいる3人組に食らいつく。
後ろを見ると、もうだーれもいない。
自分、いきなりビリスタートだ・・・?

(後から聞いたら、中級組はすぐに他の道に行って、山や峠を迂回したそうだ・・・僕もそっちに行けば良かった)

そこからとにかく前を追う。
全然つまらない先頭集団(10人以上いる)がチラチラ見えるけど、本当にキツい。
なんと信号が赤のところが現れ、そこで合流できた。

青スタートでヒルクライムレース再開。
みーんな、速い。
自分だけ、こんなにゼーハー言っているの、なんでだ?

先々週くらいか、一度バトルした人たちに追いつく。
彼らも相当速いけど、自分も長い登りでアタックされなければ着いていける。

途中、道を大きく右折するところが出てきた。
ここから凄い斜度になった。。。ここからアタック合戦。
集団が一気に解消。

こんな練習、今はしなくてもいいんだけど、みんな坂馬鹿だから意地の張り合いに。
若い大学生くらいの子と、ヒルクライムの強そうな細い人と3人で登る。
心拍は170を超えた。
もう限界だ~。

大学生くんに、

「あ、あと、どれくらい?」

って聞いたら、

「3キロくらいです」と冷静に答えられ、その瞬間に心が折れた。

厳しいつづら折りをダンシングで登っていくのを見ながら、少し緩く登り始める。

やっとこさゴール。
カントリー倶楽部の入り口だった。
茨木カントリー倶楽部

サウナにいるように汗だく。
一度上着を全部脱いで、ネックウォーマで汗を拭く。
こんな坂道、いつも練習してるんか?
腰も背中も、腹筋もいたくなった。

ここからは一気に下り。
但し、対向車も来るので、慎重に。

下り終えて、もう1本登りたいと皆が言い出す・・・皆、頭おかしいよ。
いくつかのコースを少し協議したあと、「短めの坂」に決定。
それを目指して集団で走り始めた。

短めの坂って、たぶん嘘だ。

ぐんぐん下っていくのに着いていく。
そしたら、先頭を引いてた阿部店長が
「あかん、行き過ぎた」と急に直進路でストップ。

そうしたら、後ろから来ていた集団が、

「いまだ、いけー!アタックや!」と左折して登り始めた。

は?

「すんません、行き過ぎました。あれを追って下さい!」と。

なるほど、僕ら先頭は50mほど左折ポイントを超してしまったようだ。
Uターンしてずるく先行するアタック集団を見ると、もう随分先に。

集団で追い始める。
途中、運悪く道路工事の信号があり小休止。

青で再スタート。
この坂がどれだけ「短い」のかわからないが、いい機会。
阿部店長(皆曰く、日本で一番負けず嫌いなサイクリスト、らしい)と登り始める。
一定のペースなんだが、少しでも気を緩めるとぐんと離される。

真後ろでロックオン。
どんどん先行者を詰める。
一緒に着くのも大変で、集団の数もボロボロと減る。
すごいヒルクライムだ。

しばらくすると、ずるいアタックをした数名が視界に大きく見えてきた。
そこでロケット点火・・・あー、あんなに足があるんだぁ。
またもや力負け。。。

もうこちらの力残っておらず、蛇行しないでなんとか体勢維持して登る。
後ろからも誰も来ない。

じぇんじぇん「短い坂」じゃなかった!

トップ賞は、やはり店長。
さすがだ。
あんなに差があったのに。

皆を待って一気に下り、中橋のローソンで全員が合流するのを待ち、そして帰路へ。
いやー、本当にこんな練習してたら強くなるなぁ・・・でも、今日じゃなくて良かったよなぁ。

お店についてからすぐに帰り、オーストラリア土産のチョコを皆にふるまって、今日はおしまい。

あ、でもこういう坂道やワインディングのコース、セントレアの練習にはぴったりだな。
また参戦しよう。
でも、明日は休息日にします。
もう背中も腰も腹筋もダメ。

★AVELヒルクライム練でボロボロ。



この記事に対するコメント

まあ、何と言うか、文章からは楽しかった感が伺えますよね!
【2012/04/01 23:05】 URL | あかん #- [ 編集]


バトルしている最中は、本当に息も絶え絶えで死にそうでした。
でも終わってみると、面白かったです。
疲労をしっかり抜けば、上位のチームメンバーとも張り合えるってことが理解できたので、毎週末が楽しみになりましたよ。
でも、自転車だけじゃ勝てないのがトライアスロン。
ランの練習対策もきちんと講じて6/24を迎えたいと思います。
【2012/04/02 10:28】 URL | MASA #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masathlete.blog26.fc2.com/tb.php/2892-ad268e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。