アクセスNo.

プロフィール

MASA

Author:MASA
93年徳之島でデビュー、既にキャリアは23年。
02年からIRONMANに毎年参戦、Ironman World Championshipに7度出場。
IRONMANであり続けることが誇りであり、生涯の目標です。
2016年シーズンは6月のケアンズでハワイにチャレンジします。

最新記事

MASAのトライアスロン日記
10月の満月の土曜日を目指して!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿でのフィードバック
折角自転車かついで行ってきた大島合宿。
今の自分が出来ていること、出来てないことを客観的に考えるいい機会だ。

特に、大島はバイク合宿という意味合い。
1周40キロの大島1周道路には、

・様々な斜度が繰り返される長いヒルクライムコース
・登り下りの続くローラーコースターコース(山頂付近)
・一気に下りながら、カーブでの安定したライン取りを迫られるダウンヒル
・さらに、とても緩やかな斜度でDHで進める信号のないストレート

信号も車も少なく、たまに現れるトラックやダンプを除けば、とてもいいコースだ。

で、初日のFeed Back。

◎給水の買い足しやトイレを除き、4周をほぼノンストップで走れたこと。
◎エアロビックの真ん中の心拍数(135前後)で平地セクション、登りでも150アンダーをキープして登坂できたこと
◎ローラーコースターでは(ラインも覚えていたんで)速度を保ちながら30キロ以下に落とさずに走れたこと。

×1周目から背中、腰がバリバリに張ってしまったこと。
×登坂で(心拍数を抑えているとはいえ)、10キロ程度しか出なかったこと。
×登坂でのフォームと回転数がしっくりこなかった(これは2日目にはもっとハッキリした)

背中が張ってしまったのは、往路の簡易ベッドが硬すぎたせいかもしれないが、たぶん背筋不足。
DHでなく、ノーマルポジションで長時間乗るのはスピニングでもやっているけど、やはり負荷が違う。
このくらいで悲鳴をあげるんじゃ強風にさらされるハワイでは失速確実。

普段、筋トレは上体(腕、肩、腹筋)と脚部(ハム、臀部、大腿四頭筋など)を中心にやっているが、背筋もきちんと鍛えよう。
これがないと、折角鍛えた足や腕など、末端で動かすものを支えきれない。

そして2日目のFeed Back。

三原山TTでは、初日と異なり、HRは155以上をキープする。
30分くらいしか運動しないので、このくらいでも燃え尽きることはない。
問題は、そのレベルでの出力(スピード)と、それをきちんとしたフォームでキープできるか。

◎ゴールタイムは30分30秒(手元時計では15秒)
◎前走者を視界に捉えてからの走りは良かった。

×序盤は、上体のフォームが乱れて減速要因になっていた
 →これは後半、前走者を視界に捉えてからは修正できた。目標は大切だ。
 →70回転前後ならばハンドル先端かブラケットを握って踏み込み重視のペダリング、
  90回転前後ならば、アームパッドかハンドルのフラットバー辺りを握り、上体を少し立てて回転しやすく。
×キツい登りの内側コースをクリアする時、ダンシングへのスイッチとその直後のシッティングでのもたつきがタイムロスしてた。
 →技術があるのとないのとでは大きな差になると思う。

結局、エアロビックレベルは○。
登りの技術は×、
ということだ。

キツイ登りでは上体を窮屈にするとダメだね。
写真からもわかる。
三原山TT_窮屈な姿勢

これからは負荷をかけての上体キープと回転力を鍛えよう。
スピだけでなく、家のローラーでもね。

そうすれば、もう少し進化できると思う。

★イージースピンでアクティブリカバリー(40分)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masathlete.blog26.fc2.com/tb.php/2638-14783231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。