アクセスNo.

プロフィール

MASA

Author:MASA
93年徳之島でデビュー、既にキャリアは23年。
02年からIRONMANに毎年参戦、Ironman World Championshipに7度出場。
IRONMANであり続けることが誇りであり、生涯の目標です。
2016年シーズンは6月のケアンズでハワイにチャレンジします。

最新記事

MASAのトライアスロン日記
10月の満月の土曜日を目指して!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分分析
さて。

帰りの飛行機、電車の中、ずっと考えていたことがある。

どうして自分は獲れたのか。

改めてResultを見ると、40-44のカテゴリーは谷間のように記録が悪い。
そのすぐ隣のF(45-49)やD(35-39)では、僕の記録でもハワイは獲れていない。

つまり、勝った、獲ったというのではない。
そのカテゴリーの中で、なんとか上位に残れた、というのが正しい見方だろう。

では、その「上位に残れた」要因を自分なりに考えてみた。

思い当たるのはいくつかある。

■経験値
チェジュでのレースはこれで4度目。
しかもスイム中止でのデュアスロン(その時は5秒差スタートだった)も経験している。
コースのだいたいのレイアウトも頭に入っていた。
今回、視界も悪く、コースが見えにくい状況だったから、初めて臨む人に比べ、自分はかなり有利だったと思う。

■骨折とCTS
3月末に骨折。おかげで4月はランはゼロ。
その代り、購入したインドアのマシンで毎日CTSのプログラムに取り組んだ。
これにより、バイクのパフォーマンスが格段に向上した。
もちろん、CTSのメニューを取り入れている、スピニングの効果もある。
レースで実感したのは、乳酸除去能力。
上り坂や向かい風区間で心拍数が上限値を超えたりしても、結構大丈夫だったからだ。

■クランクストップ
自分を助けてくれた、といっても過言ではない。
今回、バイクで1本、ランで1本をポケットに入れておいた。
バイクの後半、膝上の辺りにピリピリと痙攣の兆候が現れたので、早速使った。
ランのときは、走り始めからずっとシュッシュッと続けて使った。

結局、3往復目の復路で切れたが、効果は覿面だった。
あんなに、ピリピリ、ビリビリきていたのに、最終的に脚が攣ることは一度もなかった。
ハワイでは3本持っていくかな?

■応援
今回、CHIEさんが、僕ら以上の弾丸ツアーで応援に来てくれた。
コトバもわからん、交通の便も悪い場所で、一日中応援してくれた。
本当にありがたかったし、特に、ランの往復コースでは毎度、力をもらえた。
そして、「来て良かった!」と思ってもらえるような結果をださなきゃ、と思った。

・・・結果が出せて、正直ホッとした。

■1ヶ月の猶予
IMジャパンの1ヶ月前からランの走りこみをしたけど全然だめだった。
ところが開催中止の知らせを受け、カナダに登録。
またすぐ直後に代替大会が1ヵ月後に開催というアナウンスもあり、結局、代替大会を選択した。
そこまでの、その1ヶ月が自分にとっては大きかった。
皆は、モチベーション維持が・・・といっていたけれども、逆にモチベーションはずっと上がった。
ランニングのパフォーマンスをあげる猶予が出来たのだから。
自分にとっては、運が味方したとしか言いようがないけど。

■勝ちパターン
アイアンマンで好成績を出せたレースを見てみると、その展開が全て似ている。

スイムはなるべく疲れずにまとめ、
バイクで良い集団について順位を上げ、終盤にプロを数名抜く。
ランでは粘って粘って走りきり、追撃をかわす。

この1パターンしかない。
今回、このパターンの通りに進めることが出来た(スイムはなかったけど)。
自分の勝ちパターンに乗っている、という感覚や思いは、辛いレース中に自分に自信を与えた。



以上、並べてみると、自分の力ではない、様々な外的な要因に支えられて、よっかかって、という感じ。
来年のことを考えると、もっと自分の力をつけようと思う。
この記事に対するコメント

おめでとうございます。素晴らしい結果ですね。

ご活躍を励みにして、自分も頑張らなければならないのですが、
先月肘を骨折、不本意なシーズンとなりそうです。
いつか同じステージで戦えるレベルとなるよう精進します。

兄上も別の世界でご活躍。ご同慶の至りです。
兄上の元部下より。
【2010/07/14 11:32】 URL | mitsu #dud1rMRU [ 編集]

Re: タイトルなし
>mitsuさん
私も骨折経験者です。
肘なら脚は動きますよね。
インドアトレーニングはお薦めです。
リカバリー期にうまくトレーニングに取り組むと良いですよ。

頑張ってください。
そして、またどこかのレースでお会いしましょう。
【2010/07/14 13:29】 URL | MASA #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://masathlete.blog26.fc2.com/tb.php/2200-6a1de68b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。